クレンジング剤に含まれる界面活性剤とは?

クレンジング剤に含まれる界面活性剤とは?種類と付き合い方

スキンケアの中で最も大切だと言われるのが「クレンジング」です。クレンジングを怠ると様々な肌トラブルを引き起こす原因になるのです。大切だからこそクレンジング剤はしっかり選びたいものですが、クレンジング剤の多くに含まれる「界面活性剤」を知っていますか?

 

「界面活性剤」と聞くと、肌や身体によくない成分のようなイメージを持つ人もいると思いますが、きちんとした界面活性剤を選べば、界面活性剤はむしろ肌トラブルを改善するためには役立つものでもあります。今回は、界面活性剤の働きと、種類、そして付き合い方までくわしく紹介していきます。

 

界面活性剤の働き

「界面」とは表面のことを指し、2つの性質の異なる物質の境界面のことを言います。2つの混じり合わない物質の間には界面が存在し、界面活性剤によって界面の性質が変わると、それまで混じり合わなかった物質が混じり合うようになります。

 

仲の悪いものの例えとして「水と油」と言われるように、水と油は混じり合いません。つまり、多く油を含む化粧品を水やお湯で洗い流そうと思っても界面ができてしまい、しっかり落とすことができないということです。そこに界面活性剤を含むクレンジング剤を加えると、クレンジング剤が相性の悪い水と油の間をとりもつ役目をして、メイクを洗い流しやすくしてくれます。界面活性剤があると水と油が安定した状態で安定し、分離しにくくなるのです。

 

この際の界面活性剤の一番の目的は洗浄で、クレンジング剤や洗顔料、シャンプーなどに含まれ、石鹸など洗剤の主成分となっています。洗剤に多く含まれると聞くと、肌に悪そうと感じるかもしれませんが、界面活性剤によってメイク汚れや皮脂などが水に混ざってしっかり洗い流されることによって、肌が清潔になるだけでなく、美容成分を肌の角質層まで浸透しやすくすることができます。

 

その他にも、化粧水や乳液、クリームにも界面活性剤は使われています。化粧水では「可溶化」といって水に溶けない油分を透明にして水に混じる働きをしていますし、乳液やクリームでは「乳化」といって潤い成分や油分などを安定させて混じり合わせたエマルションという状態を作る働きをしています。乳化は、化粧品だけでなく、アイスクリームやチョコレートなどの食品にも応用されていますし、母乳にもカゼインやリン脂質という天然の界面活性剤によって乳化が行われ、赤ちゃんが栄養分を消化しやすい形に変える働きをしています。

 

タイプに分かれる界面活性剤

界面活性剤には大きく分けて4つの種類があります。水にとけたときにイオンとなるイオン性と呼ばれるタイプが3種類、イオンにならない非イオン性が1種類です。

 

イオン性の3タイプは、陰イオン、陽イオン、陰イオンと陽イオンの両方を持つタイプに分かれます。陰イオンになるイオン性の界面活性剤は、泡立ちがよく衣料用洗剤やシャンプー、石けんなどに使われます。陽イオンになるイオン性の界面活性剤は殺菌性があり柔軟性を持たせることができるので柔軟剤や殺菌剤、ヘアリンスに使用されます。

 

陰イオンと陽イオンの両方を合わせ持つイオン性の界面活性剤は、水によく溶けて他の活性剤とも相性が良いので台所洗剤やボディーソープなどに使われています。非イオン性の界面活性剤は、泡立ちは少ないのですが乳化作用に優れているので食品の乳化剤や化粧品などで使用されています。

 

「界面活性剤は危険」と思い込んでいる人もいるようですが、日本の化粧品に含まれる界面活性剤が肌の深刻なダメージの原因になることはほとんどありません。できるだけ肌にやさしいものを選びたいという人は「純」や「純正」がついているものや「非イオン性界面活性剤」というものを選ぶことをおすすめします。

 

界面活性剤との付き合い方

メイクのアイテムには油分が多く含まれ、特にファンデーションは油分の量が多いと言われています。油分がたくさん入っている上に、最近ではコスメの性能が上がっているため界面活性剤を使わないとメイクがしっかり落とせないのが現状です。

 

使わないでメイクをしっかり落とせたらそれに越したことはないのですが、界面活性剤を使うことよりも肌にメイクが残ってしまうことの方が肌トラブルの原因となります。つまり、できるだけ肌に負担をかけないよう界面活性剤と上手く付き合っていくことが大切です。

 

クレンジングの方法

メイクをしたら、そのたびにメイクを落とす必要があるので、クレンジング剤が必要となります。

 

まず、クレンジング剤を適切に選びましょう。洗浄力が高いクレンジングオイルは界面活性剤を多く含んでいますので、ポイントメイクや濃いメイクを落とす時に使い、その他のベースメイクはクリームタイプやミルクタイプのクレンジング剤を使うというように使い分ける方法がおすすめです。

 

クレンジング剤を長時間肌にのせたままにしたり、ゴシゴシと肌をこすったりすることも肌へダメージを与える原因となりますので、優しくメイクとなじませたら素早く水かぬるま湯で洗い流しましょう。

 

乾燥対策

界面活性剤によって起こりやすい肌トラブルは「乾燥」です。界面活性剤入りのクレンジング剤によって油分を洗い流しやすくするということは、肌に必要な皮脂も洗い流してしまう恐れがあるということです。くれぐれも正しいクレンジングを行うとともに、保湿のスキンケアを一年中しっかりとして乾燥対策を行いましょう。

関連ページ

クレンジングに使われるオイルの特徴
良質なオイルは健康効果が高いとして多くの種類が食用にされていますよね。オリーブオイル、グレープシードオイル、亜麻仁油など…スーパーでもたくさんの種類が販売されています。ですがオイルの使い道はそれだけではありません。肌に直接つけることで美容効果を得られることも分かっているんです。ここではそんな美肌をつくるために効果的なオイルを9種類ご紹介していきます。