頭皮クレンジングのやり方と効果について

頭皮クレンジングについて

なんだか頭皮がくさい!特に夕方にもなってくると自分の頭皮のにおいが気になってきませんか?

 

毎日しっかりシャンプーしているのになぜくさくなるのでしょうか?

 

1日を過ごしていると汗や皮脂の油汚れの他、ちりやほこり、スタイリング剤の汚れなど頭皮は想像以上に汚れています。日常生活の汚れや頭皮の余分な皮脂・老廃物が毛穴に詰まり、それが酸化することによって油っぽいにおいの原因になります。そんな嫌なにおいが気になるからと言って、シャンプーでゴシゴシしたり何回も洗ったりするのは絶対にダメですよ!!

 

デリケートな頭皮が乾燥してダメージを受けてしまい頭皮トラブルに繋がります。

 

美容室でヘッドスパなどのスキャルプケアがメニューとしてありますが、自宅でもっと手軽に気軽にケアできる方法があります。それは、オイルを使用した頭皮クレンジングです。どのような方法でどのような効果があるのかご紹介しますね。

 

頭皮クレンジングとは?

頭皮クレンジングとは、頭皮の毛穴に詰まった皮脂や老廃物をクレンジングで洗い流してしまう頭皮の美容方法です。

 

頑固な皮脂や老廃物はお湯や毎日のシャンプーだけでは綺麗に洗い流すことができません。そのため、週に1〜2回程度の頭皮クレンジングをすることがおすすめです。

 

頭皮クレンジングの効果

頭皮の毛穴に皮脂や老廃物が詰まったまま放置しておくと健康な髪が正常に生えず、薄毛や抜け毛の原因になります。クレンジングをすることで頭皮環境が整い様々な効果が得られるでしょう。

 

頭皮クレンジングの主な効果は、

  • 頭皮のべたつきやにおいが治まる
  • 頭皮の乾燥の予防やフケ対策
  • 髪にハリ・こしが出る
  • パサついて広がる髪がまとまり落ち着く

といったものが挙げられます。

 

頭皮クレンジングによって、こういった頭皮の問題点を解消することが期待できます。

 

頭皮クレンジングにはオイル

頭皮クレンジングに用いるアイテムは、オイルです。

 

オイルは、人間の皮脂に近くなじみやすく高い洗浄効果があると言われています。毛穴に入りやすく皮脂と混じり合うと柔らかくなり浮き上がるので汚れが落としやすくなります。

 

この時に頭皮マッサージをすると洗浄効果だけではなく、血行促進や薄毛や抜け毛の予防・改善にもなるので継続すると健やかな頭皮に生まれ変わるでしょう。

 

オイルクレンジングの方法

ブラッシング

乾いた状態の頭皮にオイルをつける前にまずブラシで毛髪を軽くとかします。なるべく目の粗いブラシを使いましょう。ブラッシングすることで、髪についているちりやほこりを落とし頭皮にオイルが浸透しやすくなります。

 

頭皮にオイルをつける

クレンジング1回で使用するオイルの量は500円玉1個分ぐらいが目安です。髪にはつけず頭皮だけにつけるので髪の長さは関係ありません。皮脂が多く分泌される頭頂部や後頭部を中心に頭皮全体にオイルをつけていきます。

 

髪が長い場合、指で髪を分けながらつけると頭皮になじみやすくなります。

 

マッサージ

頭皮全体にオイルをつけたら指の腹で円を描くように軽く指圧しながら優しくマッサージします。爪を立てることや強すぎる指圧は頭皮の負担になるので気をつけましょう。マッサージをする時間は長ければ効果が出るというわけではないので、1回5〜10分程度にしましょう。

 

ホットタオルで5分ほど蒸すと汚れが落ちやすいので効果的です。

 

シャンプー&トリートメント

マッサージ後、36〜37℃のぬるま湯でしっかり洗いましょう。お湯の温度が熱すぎると頭皮の皮脂を必要以上に流してしまうので気を付けてくださいね!

 

そして、シャンプー&トリートメントを丁寧にします。シャンプーは2回することをおすすめします。1回目は軽くつけてなじませた後軽さっと流し、2回目はしっかりシャンプーしてください。すすぎ残しがないようにしっかりすすぎましょう。

 

このような手順で行い週に1〜2回程度を目安に頭皮クレンジングをしましょう。

 

クレンジングオイルを選ぶ

オイルと言っても様々な種類があるので自分に合ったものを選びましょう。

 

ホホバオイル

人間の皮脂の構造に近く安全性が高いオイルです。高い保湿効果があり、頭皮の水分の蒸発を防いでくれるので弾力のある頭皮になります。トリクロサンという殺菌作用のある成分が含まれていて、皮脂が酸化しにくいので嫌なにおいを防ぎます。

 

ビタミンやミネラルも豊富に含まれているので傷ついた頭皮の再生やターンオーバーを促進させる効果があります。

 

椿油

人間の皮脂と同じ成分で、その皮脂を構成しているオレイン酸という成分が約85%もの高濃度で含まれ、新陳代謝を高める効果があると言われています。肌になじみやすく、高い保湿効果があり頭皮の乾燥を防ぎます。

 

サポニンという殺菌作用のある成分が含まれていて、皮脂が酸化しにくいので嫌なにおいを防ぎます。

 

オリーブオイル

食用のオリーブオイルではなく、“エクストラバージンオイル”と書かれたものを選びましょう。天然オリーブの実には人の皮脂を構成しているオレイン酸やスクワランなどの成分の他、ビタミンEやポリフェノールなどの栄養成分が豊富に含まれています。

 

肌になじみやすく、高い保湿効果があり頭皮の乾燥を防ぎます。ホホバオイルなどに比べると低価格なので継続しやすいでしょう。

 

スクワランオイル

スクワランオイルは深海サメから抽出される人間の皮脂にも含まれる成分です。落としすぎた油分を補い細菌から守り、ふけやかゆみなど炎症を抑えてくれます。純度が高いものは高価なので手軽さはありません。

 

頭皮クレンジングについてのまとめ

オイルは頭皮に負担をかけることなく皮脂や老廃物をきれいに洗い落としてくれます。良質なオイルを使うことで、薄毛や抜け毛予防になり健康的な頭皮になるでしょう。自宅で簡単にできるオイルクレンジング。

 

適度な頭皮クレンジングをすることで、あの嫌なにおいから解放されましょう。

関連ページ

乳化とは?
クレンジングオイルを使う時に注意したいのが、乳化です。クレンジングオイルは乳化する事によって肌に残らずサッと流れてくれるんですよ。ここでは、クレンジングオイルの乳化のやり方と重要性について詳しく紹介しています。
保湿の重要性について
クレンジング後の肌はとても刺激を受けやすい状態になっています。ここでしっかりと保湿をしておかないと、乾燥を招く原因となってしまいます。ここではクレンジング後の保湿について詳しく紹介しています。
ディープクレンジングについて
ディープクレンジングは肌にとってとても良い効果をもたらす美容方法です。あなたも週1のディープクレンジングを始めてみませんか?このページではディープクレンジングの方法や効果について詳しく紹介しています。
ベビーオイルや通常のオイルでクレンジングできる?
ベビーオイルや通常の美容オイルを使ってクレンジングを行う方法がありますが、この方法はあまりおすすめできません・・ このページでは、ベビーオイルやホホバオイル・オリーブオイルを使ったクレンジングがなぜあまりおすすめ出来ないのかについて説明しています。
オレイン酸とは?
植物オイルに良く含まれているオレイン酸とはどんな成分なのでしょうか?ここではオレイン酸の美容効果や使用時の注意点について詳しく紹介しています。
リノール酸について
植物オイルなどに多く含まれるリノール酸とはどのような成分なのでしょうか?ここではリノール酸の特徴や、メリット・デメリットについて詳しく紹介しています。