オレイン酸とは?

オレイン酸について

オレイン酸=体に良い油というイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。

 

オリーブオイルなどに多く含まれ、健康効果の高い成分として今注目されていますよね。このオレイン酸、実は肌に直接浸透させる美容オイルの成分としてもかなり優秀なんです!

 

ここではそんなオレイン酸の美容効果について、詳しくお伝えしていきます。

 

オレイン酸の特徴と肌への効果

オレイン酸は主にオリーブオイル、アルガンオイル、マカダミアナッツオイル、椿オイル、アボカドオイルなどに多く含まれています。どんな特徴があり、どんな効果があるのか見ていきましょう。

 

酸化しにくい

オレイン酸は“一価不飽和脂肪酸”という脂肪酸に分類されます。脂肪酸とは、油や脂質を構成する要素のことです。

 

この脂肪酸の特徴は、酸化しにくいということ。酸化しにくいということは、オイルの品質が劣化しにくく、保存しやすいということが言えます。

 

そのためオレイン酸が多く含まれているオイルには防腐剤などの添加物が入っていないことが多く、肌に刺激を与えにくいと言えるのです。

 

肌に優しく、浸透しやすい

オレイン酸は元々人の皮膚にも含まれている成分です。皮脂腺というところから分泌される皮脂の約40%を占めます。

 

そのため刺激が少なく、安全性が高いのが特徴です。また肌馴染みがよく、肌の内側に浸透しやすいという特徴も。肌の内部まで浸透した油分は水分を抱え込み、うるおいを保ちます。

 

蒸発しにくい

オレイン酸は不乾性油の一つで、肌から蒸発しにくいという特徴があります。

 

肌の表面に残った油膜はバリアとなって、ホコリやゴミ、髪など、外から与えられる物理的な刺激を防いでくれます。

 

また肌の内側にある水分を閉じ込めて、うるおいをキープする役割もしてくれます。上記に挙げたオイルの保湿力が高いと言われるのは、このオレイン酸が含まれているためです。

 

オレイン酸は肌と同様に、髪にも良い影響を与えます。パサつきやすい髪の毛先に少量つけることで、外からのダメージやうるおいの蒸発を防いでくれます。

 

オレイン酸に注意点はある?

体に良く、肌にも良いオレイン酸ですが、肌に直接つける時には少し注意しなければならない点もあります。

 

それはオレイン酸のニキビ肌への使用です。オレイン酸はニキビの原因であるアクネ菌の餌となります。

 

そのため、ニキビの多い肌や、毛穴に皮脂が溜まっているニキビ一歩手前の肌の状態では、症状を悪化させてしまう原因となります。オレイン酸が含まれたオイルは肌質や肌の状態を良くチェックしてから

関連ページ

乳化とは?
クレンジングオイルを使う時に注意したいのが、乳化です。クレンジングオイルは乳化する事によって肌に残らずサッと流れてくれるんですよ。ここでは、クレンジングオイルの乳化のやり方と重要性について詳しく紹介しています。
頭皮クレンジングについて
頭皮クレンジングはオイルを使った美容法で、肌にのこった頭皮汚れをスッキリ洗い流すことができます。ここでは頭皮クレンジングのやりかた(方法)と効果について詳しく紹介しています。
保湿の重要性について
クレンジング後の肌はとても刺激を受けやすい状態になっています。ここでしっかりと保湿をしておかないと、乾燥を招く原因となってしまいます。ここではクレンジング後の保湿について詳しく紹介しています。
ディープクレンジングについて
ディープクレンジングは肌にとってとても良い効果をもたらす美容方法です。あなたも週1のディープクレンジングを始めてみませんか?このページではディープクレンジングの方法や効果について詳しく紹介しています。
ベビーオイルや通常のオイルでクレンジングできる?
ベビーオイルや通常の美容オイルを使ってクレンジングを行う方法がありますが、この方法はあまりおすすめできません・・ このページでは、ベビーオイルやホホバオイル・オリーブオイルを使ったクレンジングがなぜあまりおすすめ出来ないのかについて説明しています。
リノール酸について
植物オイルなどに多く含まれるリノール酸とはどのような成分なのでしょうか?ここではリノール酸の特徴や、メリット・デメリットについて詳しく紹介しています。