クレンジング後の保湿の重要性について

クレンジング後の保湿はとても大切!

毎日のスキンケア。面倒だと思ったことはありませんか?

 

1日の疲れが溜まった夜や忙しい朝は特に時間が惜しいですよね。

 

『今日は面倒くさいからまあいいか!』と、さぼり癖がついてスキンケアを怠ってしまうと肌はどうなっていくのでしょうか。

 

保湿不足による肌トラブル

スキンケアの中で最も重要なのが保湿。その保湿が不足すると乾燥肌になり肌のバリア機能が低下し、肌トラブルの原因になります。バリア機能が低下すると少しの刺激にも敏感になりかゆみや炎症を起こしやすく、紫外線からのダメージも受けやすくなります。

 

紫外線はシミやしわ、たるみなど肌の老化にも繋がります。乾燥肌になるとダメージから守ろうとして角質が厚くなってしまうので、スキンケアをしてもその成分が浸透しにくくなります。そんな肌トラブルを防ぐためにも保湿は欠かせません。

 

保湿とは?

保湿とは、肌の中に必要な水分が適量で保たれている状態のことです。ただ肌の中に水分があるだけでは保湿とは言えず、その水分を蒸発させないようにすることが重要になってきます。スキンケアの基本とも言える保湿ですが、まず化粧水によって水分を補給し、乳液でその水分の蒸発を防ぎます。

 

保湿の効果を得るためにもこのプロセスは必要なので、正しいスキンケアを心がけましょう。

 

保湿のメカニズム

保湿のメカニズムを理解しておくとより効果的なスキンケアができるでしょう。肌の潤いは角質層からできており、その角質層は細胞同士がくっつき外部からの水分や異物の侵入を防ぐバリア機能が備わっています。さらに内部の水分の蒸発を防ぐという役割も担っています。

 

人の肌を触ると柔らかく感じますよね?それは角質層に十分な水分が保持されているからです。

 

角質層の水分のうち、2〜3%は皮脂膜、17〜18%は天然保湿因子、残りの約80%は角質細胞間脂質という3つの物質によって一定に保たれています。しかし、常に一定に保たれているわけではなく、紫外線や乾燥などの外的刺激やストレスや睡眠不足などの内的刺激によって減少する場合もあります。

 

水分を保つために大切な皮脂膜は、皮脂腺から分泌される皮脂と汗が混じり合ったもので“天然のクリーム”とも言われ、肌表面に薄いベールのように覆っています。この皮脂膜は水分の蒸発を防ぎ皮膚表面をなめらかにしてくれます。

 

保湿の重要性

肌のバリア機能をサポートする

皮膚には外部からの刺激や異物の侵入を防ぐバリア機能が備わっています。バリア機能は、角質層の水分量が20〜30%でないと正常に働かないため肌トラブルの原因になります。

 

乾燥でバリア機能が低下することによって、シワやしみ、くすみ、大人ニキビなどに繋がります。保湿すると角質と角質の間を保湿成分がしっかり隙間を塞いでバリア機能を働かせるサポートし、強い肌を作ることができます。

 

ターンオーバーを正常に保つ

肌はターンオーバー(新陳代謝)を繰り返すことで古い肌から新しい肌に生まれ変わり、健康な肌を保っています。乾燥するとターンオーバー(新陳代謝)が乱れ、古い角質が肌の表面に残りやすくなり黒ずんで見えます。

 

保湿をすることで乾燥を防ぎ、ターンオーバーが正常に保たれます。また、年齢を重ねるほど乾燥しやすくなるので保湿の重要性は高まります。

 

保湿に効果的な成分

普段の生活では、洗顔するだけでも肌の水分が流れ、想像以上に肌の角質層の水分は空気中に蒸発しています。肌に保持されている水分を蒸発しないように守る物質こそが保湿成分。
では保湿にはどのような成分が効果的なのでしょうか?

 

セラミド

保湿と言えば一番にセラミドというイメージでしょう。セラミドは最強の水分保持力を持ち、保湿成分の中で最も効果的な成分です。

 

もともと人間の肌にある成分で、肌の細胞と細胞の間に存在し、水分や油分を抱え込みさらに水分の蒸発を防ぐ役割があります。

 

そして、肌のバリア機能として働く細胞間脂質の約50%を占めています。また、外部からの異物を侵入させない効果もあり低刺激なので肌荒れしにくくなります。即効性にも優れているため継続して使うと肌質も改善されるでしょう。

 

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、強い保湿力を持ち水分を抱え込んで角質層に留まり湿度が下がってもしっかりキープしてくれる成分です。真皮に存在する成分で、わずか1gのヒアルロン酸で約6000mlもの水分を蓄える力があると言われています。

 

コラーゲン

コラーゲンは、人間の皮膚の真皮層や毛髪、骨・関節にふくまれており、肌の弾力を保つ成分です。親水性が高く、栄養素を肌細胞に供給しさらに老廃物を排出させる効果もあります。
コラーゲンが不足すると肌のハリがなくなりシワやたるみの原因になるので積極的に補給しましょう。また、アレルギーを起こしにくい物質なので敏感肌の方でも安心して使えます。

 

アミノ酸

アミノ酸は、肌の主成分となるコラーゲンを作る原料で、美肌を保つためにも必要不可欠な成分です。肌の水分を保持する成分“天然保湿因子”は約50%以上がアミノ酸でできています。
分子が大きいとされているコラーゲンやエラスチンなどに比べ、アミノ酸は分子がとても小さいので肌から角質層へ浸透しやすくなります。

 

クレンジング後の保湿についてのまとめ

保湿効果の高い美容成分でしっかり栄養補給し、さまざまな刺激から肌を守りハリや弾力のある強い肌を作りましょう。保湿をしっかりすることで乾燥から招く肌トラブルを未然に防ぐこともできます。

 

乾燥肌や敏感肌、オイリー肌など肌の状態により、保湿の方法が異なるので自分にあったスキンケアで保湿力を高めましょう。

関連ページ

乳化とは?
クレンジングオイルを使う時に注意したいのが、乳化です。クレンジングオイルは乳化する事によって肌に残らずサッと流れてくれるんですよ。ここでは、クレンジングオイルの乳化のやり方と重要性について詳しく紹介しています。
頭皮クレンジングについて
頭皮クレンジングはオイルを使った美容法で、肌にのこった頭皮汚れをスッキリ洗い流すことができます。ここでは頭皮クレンジングのやりかた(方法)と効果について詳しく紹介しています。
ディープクレンジングについて
ディープクレンジングは肌にとってとても良い効果をもたらす美容方法です。あなたも週1のディープクレンジングを始めてみませんか?このページではディープクレンジングの方法や効果について詳しく紹介しています。
ベビーオイルや通常のオイルでクレンジングできる?
ベビーオイルや通常の美容オイルを使ってクレンジングを行う方法がありますが、この方法はあまりおすすめできません・・ このページでは、ベビーオイルやホホバオイル・オリーブオイルを使ったクレンジングがなぜあまりおすすめ出来ないのかについて説明しています。
オレイン酸とは?
植物オイルに良く含まれているオレイン酸とはどんな成分なのでしょうか?ここではオレイン酸の美容効果や使用時の注意点について詳しく紹介しています。
リノール酸について
植物オイルなどに多く含まれるリノール酸とはどのような成分なのでしょうか?ここではリノール酸の特徴や、メリット・デメリットについて詳しく紹介しています。