乳化とは?

クレンジングオイルを落とすときは乳化が大事!やり方や注意点を知ろう!

クレンジングにオイルタイプのクレンジング剤を使っている人も多いと思いますが、そのオイルしっかり落とせていますか?

 

クレンジング後にいきなりすすいでしまうと肌の上の油分が落とし切れず、毛穴などに汚れが残ってしまう可能性があります。そこでおすすめしたいのがクレンジングオイルの“乳化”です。

 

乳化をすることでオイルや汚れを残すことなく綺麗に洗い流すことができます。ここではそんな乳化のやり方や期待できる効果について、詳しくお伝えしていきます。

 

乳化って何?

クレンジングオイルを使いなれていない人にとっては、乳化って何?と感じてしまいますよね。

 

乳化を簡単に説明すると、“性質の違う2つの物質を混ざり合わせること”また“乳白色の液体にすること”という意味になります。クレンジングにおける乳化では、クレンジングオイルと水を馴染ませて白っぽい液体にすることを言います。

 

普通“油”と“水”は混ざり合うことがなく分離してしまいますが、クレンジング剤に含まれている“界面活性剤”という成分がオイルと水を中和させ、混ぜ合わせることができるようになっています。

 

乳化のやり方と目的について

ではまず、クレンジングオイルの乳化のやり方について見ていくことにしましょう。

 

@クレンジングする
まずはいつも通りクレンジングオイルを顔全体に優しく馴染ませながらメイク汚れを浮かせていきます。

 

A手に残ったオイルを乳化させる
メイクが落ちたのを確認できたら手に残ったオイルに少量の水を足し、擦り合わせるようにしてオイルと水を馴染ませ、白っぽい液体にします。これが“乳化”です。

 

B乳化したオイルを顔に馴染ませる
乳化させた手の上のオイルを顔全体に馴染ませ、肌のオイルも乳化させていきます。

 

C乳化を繰り返す
AとBの工程を2〜3回繰り返します。

 

Dぬるま湯ですすぐ
肌の上のオイルがサラサラとした状態になったらぬるま湯でよくすすぎます。

 

E洗顔
オイルが落ちたらいつも通り洗顔をします。

 

毛穴に詰まったオイルはいきなりすすいでも水とうまく馴染まず、落とし切れずに残ってしまう場合があります。乳化の目的は少しずつ油分と水分を馴染ませて、落としにくい毛穴のオイル・メイク汚れを除去すること。

 

少し手間はかかりますが、丁寧に乳化の作業を行うことで肌を綺麗に、そして健康に保つことができます。プロの美容家もオイルクレンジングの際は乳化することを推奨しているんですよ。

 

乳化することの目的とメリットとは?

クレンジングオイルの乳化にはさまざまなメリットがあるのです!美肌効果や肌トラブルの予防など、期待できる効果を詳しく見ていきましょう。

 

毛穴の引き締め

余分な皮脂やメイク汚れが毛穴に詰まると、毛穴は押し広げられて大きく開き目立ちやすくなります。クレンジングのすすぎで乳化を取り入れることで、毛穴の皮脂・汚れの詰まりを防ぎ、プツプツと目立つ毛穴を改善できます。

 

ニキビの軽減

オイルの乳化はニキビができやすいという人にも効果的です。ニキビは毛穴に皮脂が詰まることで起こります。もしかすると、それはクレンジングオイルが落とし切れていないことで起こっているかもしれません。乳化することで毛穴の油分が除去でき、ニキビの軽減に繋がります。

 

肌のターンオーバーを促す

私たちの肌は夜寝ている間に新しい細胞をつくり、古い角質を押し上げてアカとして肌表面から排出しています。この機能を“ターンオーバー”と言って、この働きが正常に行われることでトラブルのない健康な肌を保つことができます。

 

しかし毛穴に余分な皮脂やメイク汚れが詰まっているとターンオーバーが正常に行われなくなり、新しい皮膚が作られなくなって老化やトラブルに繋がります。乳化によって毛穴をケアすることは、肌を生まれ変わりやすくするためにも大切なことなのです。

 

化粧品の浸透を良くする

毛穴が詰まっていては化粧水や美容液などの化粧品の効果も弱くなってしまいます。乳化することでそれらの浸透が良くなり、保湿力がアップします。

 

乳化する時の注意点

乳化は毛穴のオイルを浮かせてしっかり落とすためにする方法です。乳化させるときにゴシゴシこするとかえってオイルを毛穴に詰まらせる原因に…。

 

また皮膚の摩擦は肌に必要なうるおいまで落とす原因となってしまいます。指先を使って優しく乳化していきましょう。クレンジングや洗顔をするときも同様です。またすすぎのお湯が熱すぎると乾燥の原因になります。ぬるま湯でよくすすぐのが肌に負担をかけないポイントです。

 

オイルの乳化でトラブルのない健康な肌に!

クレンジングはメイク落としに欠かせないものですが、やり方によっては肌の状態を悪くしてしまう原因ともなります。メイクを落とすときはもちろん、すすぎがきちんとできているかも重要です。

 

しっかり汚れを落としているつもりでも、毛穴に詰まったオイルはなかなか落ちてくれないもの…。

 

普段クレンジングオイルを使ってメイク落としをしているという人は乳化を取り入れてみましょう!いきなりすすぐよりも、洗い上がりがさっぱりするのが分かりますよ。ぜひ毎日の習慣にしてみてくださいね。

関連ページ

頭皮クレンジングについて
頭皮クレンジングはオイルを使った美容法で、肌にのこった頭皮汚れをスッキリ洗い流すことができます。ここでは頭皮クレンジングのやりかた(方法)と効果について詳しく紹介しています。
保湿の重要性について
クレンジング後の肌はとても刺激を受けやすい状態になっています。ここでしっかりと保湿をしておかないと、乾燥を招く原因となってしまいます。ここではクレンジング後の保湿について詳しく紹介しています。
ディープクレンジングについて
ディープクレンジングは肌にとってとても良い効果をもたらす美容方法です。あなたも週1のディープクレンジングを始めてみませんか?このページではディープクレンジングの方法や効果について詳しく紹介しています。
ベビーオイルや通常のオイルでクレンジングできる?
ベビーオイルや通常の美容オイルを使ってクレンジングを行う方法がありますが、この方法はあまりおすすめできません・・ このページでは、ベビーオイルやホホバオイル・オリーブオイルを使ったクレンジングがなぜあまりおすすめ出来ないのかについて説明しています。
オレイン酸とは?
植物オイルに良く含まれているオレイン酸とはどんな成分なのでしょうか?ここではオレイン酸の美容効果や使用時の注意点について詳しく紹介しています。
リノール酸について
植物オイルなどに多く含まれるリノール酸とはどのような成分なのでしょうか?ここではリノール酸の特徴や、メリット・デメリットについて詳しく紹介しています。