ディープクレンジングについて

美肌になれる?ディープクレンジングの効果とやり方

“ディープクレンジング”がどんなものかご存知ですか?名前だけは聞いたことがある、という人は多いかもしれませんね。

 

実はこのディープクレンジングが優れた美肌効果を発揮するのです。「最近肌荒れが増えた…」「化粧水の浸透が悪い」と感じている人には特におすすめのスキンケア法なんですよ。

 

ここではそんなディープクレンジングの効果や手順をご紹介していきます。

 

ディープクレンジングとは?

ディープクレンジングはオイルタイプのクレンジング剤を使って肌をマッサージするスキンケア法のことを言います。通常のクレンジングや普段の洗顔では、実は毛穴の奥に詰まっている皮脂や汚れなどを取り切れていないことが多いのです。

 

ディープクレンジングをすることで毛穴に残っている皮脂・汚れを浮かせて落とし、さまざまな肌トラブルの回避・改善が期待できます。

 

皮脂・汚れが残っているとどうなるの?

毛穴の汚れや皮脂が残ったままになってしまうと肌にどのような影響が出てしまうのか見ていきましょう。

 

ニキビが増える

ニキビは毛穴に皮脂が詰まることでできます。放っておくと詰まった皮脂が炎症を起こして赤みや痛みを帯びてしまうことも…。ニキビをできにくくするためには毛穴の皮脂を除去する必要があります。

 

肌が荒れる

人の顔には顔ダニというダニが存在しています。少なければ問題ありませんが、毛穴に詰まった汚れや皮脂をエサに繁殖して増え過ぎると肌荒れや皮膚炎などに繋がります。

 

毛穴が黒ずむ

鼻などに黒い点々ができてしまっている…という人は多いのではないでしょうか?“イチゴ鼻”なんて呼ばれたりもしますね。これは毛穴に皮脂が詰まり、時間が経って酸化し黒くなってしまうことで起こります。

 

毛穴が開く

毛穴に皮脂や汚れが詰まることによって毛穴が大きく開き、プツプツと目立つようになります。また触り心地もザラザラになってしまうのも毛穴開きの特徴です。

 

ターンオーバーの乱れ

寝ている間に起こる肌の生まれ変わりをターンオーバーと言います。この働きにより肌の内側で新しい肌の細胞ができ、古い角質などは肌の表面に押し上げられ垢となって剥がれていきます。毛穴が皮脂や汚れで詰まってしまうとこのターンオーバーが正常にできなくなり、肌トラブルや肌の老化に繋がります。

 

ディープクレンジングのやり方

皮脂や汚れの詰まりを解消して肌トラブルを防ぐために、正しいやり方でディープクレンジングを行いましょう。

 

@蒸しタオルで毛穴を開かせる
まずは蒸しタオルで顔全体を包み、毛穴を開かせて汚れを落としやすくします。
〜蒸しタオルの作り方〜
・水で濡らし、水滴が落ちない程度に軽く絞ったタオルを耐熱皿に載せます。
・電子レンジで30〜40秒、様子を見ながら加熱します。熱くなり過ぎた場合は触れるくらいまで少し冷ましましょう。

 

Aオイルマッサージをする
オイルタイプのクレンジング剤を手に取り、指先ですり合わせて少し温めたあと肌に乗せて伸ばしていきます。指の腹でクルクルと外側に小さく円を描くように手早くマッサージしていきます。このとき指には力を入れず、肌への摩擦を極力少なくするように意識して行いましょう。

 

Bぬるま湯ですすぐ
顔全体がクレンジングできたらぬるま湯ですすぎます。冷たい水ではオイルが毛穴に残ってしまいます。必ずぬるま湯ですすぎましょう。少しずつ肌にぬるま湯をつけ馴染ませオイルをサラサラにしてからすすぐと毛穴にオイルを残すことなく綺麗にすすぐことができます。

 

C洗顔をする
オイルをすすいだあとは通常通り洗顔をして、肌に残っている油分を洗い流します。

 

ディープクレンジングをするときの注意点

ディープクレンジングの頻度は週に1回

肌にいいからと言ってやり過ぎはNGです。オイルクレンジングには洗浄力の高い界面活性剤という成分が含まれています。そのためやり過ぎると肌のうるおいを保つために必要な皮脂まで洗い流し、乾燥や肌荒れを悪化させる原因となります。頻度は週に1回にしておきましょう。

 

クレンジング後のケア

ディープクレンジングをしたあとは毛穴が開いたままになっています。冷たい化粧水などでしっかり引き締めましょう。またいつもより皮脂が少なくなった肌は乾燥しやすい状態です。化粧水や乳液でしっかり保湿しましょう。

 

ディープクレンジングは男性にもオススメ!

毛穴の詰まりは、実は男性にも多いんです。女性に比べて皮脂の分泌量が多く、それに加えて、男性は女性と違って普段クレンジングをする機会がなかなかないため毛穴が詰まりやすいのです。実際にディープクレンジングをして「肌触りがツルツルになってびっくりした!」という声もあります。

 

クレンジングと聞くと女性がするものというイメージがありますが、用意するものも少なくやり方も簡単ですので、肌荒れや毛穴の開きが気になるという男性は定期的にディープクレンジングを取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連ページ

乳化とは?
クレンジングオイルを使う時に注意したいのが、乳化です。クレンジングオイルは乳化する事によって肌に残らずサッと流れてくれるんですよ。ここでは、クレンジングオイルの乳化のやり方と重要性について詳しく紹介しています。
頭皮クレンジングについて
頭皮クレンジングはオイルを使った美容法で、肌にのこった頭皮汚れをスッキリ洗い流すことができます。ここでは頭皮クレンジングのやりかた(方法)と効果について詳しく紹介しています。
保湿の重要性について
クレンジング後の肌はとても刺激を受けやすい状態になっています。ここでしっかりと保湿をしておかないと、乾燥を招く原因となってしまいます。ここではクレンジング後の保湿について詳しく紹介しています。
ベビーオイルや通常のオイルでクレンジングできる?
ベビーオイルや通常の美容オイルを使ってクレンジングを行う方法がありますが、この方法はあまりおすすめできません・・ このページでは、ベビーオイルやホホバオイル・オリーブオイルを使ったクレンジングがなぜあまりおすすめ出来ないのかについて説明しています。
オレイン酸とは?
植物オイルに良く含まれているオレイン酸とはどんな成分なのでしょうか?ここではオレイン酸の美容効果や使用時の注意点について詳しく紹介しています。
リノール酸について
植物オイルなどに多く含まれるリノール酸とはどのような成分なのでしょうか?ここではリノール酸の特徴や、メリット・デメリットについて詳しく紹介しています。