ベビーオイルや通常のオイルでクレンジングできる?

通常のオイルやベビーオイルがクレンジングにおすすめできない理由

スキンケアに使うオイルにはいろいろな種類がありますよね。美容オイルではホホバオイル、アルガンオイル、椿オイルなど。またボディーオイルやベビーオイルなど色々なオイルを挙げる事ができます。

 

クレンジングオイルでメイクが落ちるように、これらのオイルでも実はメイクを落とすことはできるんです。

 

ただ、通常のオイルやベビーオイルを使ってのクレンジングはあまりおすすめできない理由もあります…

 

クレンジングオイルとその他のオイルはどう違うのか、詳しく見ていきましょう!

 

通常のオイルやベビーオイルがクレンジングにおすすめできない理由は?

メイクや皮脂は、言い換えると油汚れになります。この油汚れに馴染み、肌から浮かせることができるのが同じ性質であるオイルなのです。そのためクレンジングオイルでなくても、油分を含む美容オイルやベビーオイルでもメイクを浮かせることができます。

 

ただ、クレンジングオイル以外のオイルでは浮かせたメイクをしっかりと洗い流すことができません。

 

なぜなら、水と油(メイクや皮脂)を中和させる界面活性剤が入っていないからです。

 

日焼け止めクリームやファンデーションなどを塗ると、その上から濡らしても水をはじきますよね。油と水は性質の違う物質ですから、そのままでは混ざり合うことなく分離してしまいます。つまり、通常のオイルではメイクを落とすことができても、それを洗い流すことができずに肌に残ってしまうのです。

 

メイクが肌に残ることで起こるトラブル

メイクや皮脂、それを落とすために使ったオイルが肌に残ると、さまざまな肌トラブルに繋がってしまいます。

 

ニキビ

油分が毛穴に残ったままになると、通常そこから排出されるはずの皮脂が詰まりニキビとなってしまいます。ある程度の油分は保湿の役割を果たしてくれるので、肌には必要ですが、過剰な油分は逆に肌を傷める原因となってしまいます。

 

毛穴の開きや黒ずみ

毛穴がポツポツと目立つ原因も、毛穴の皮脂詰まりにあります。また毛穴が黒ずんでしまう、いわゆる“イチゴ鼻”と呼ばれるものも皮脂詰まりが原因。これは皮脂が毛穴に詰まったまま時間が経ち、酸化して黒くなってしまうために起こる症状です。

 

肌の老化

肌に汚れが残っていると、肌の代謝がスムーズに行われなくなります。すると肌の細胞がうまく作られず、古い角質は肌に残ったまま…。老化はどんどん進んで、乾燥、しみ、小じわなどが起きやすくなります。

 

また、界面活性剤の入っていないオイルを使うと、オイルのベタベタを取り除くために過度な洗顔が必要になります。これは乾燥を招いてしまう原因になりますし、摩擦による刺激も起きやすいです。

 

常用するならクレンジングオイルがおすすめ

メイクを落とし、それをしっかり洗い流すためには、やはり界面活性剤が配合されたクレンジングオイルの使用がおすすめです。

 

クレンジングオイルは肌への刺激が強いという方もおられますが、その意見は少し古くなっています。現在では上質なクレンジングオイルは肌への刺激も少なく、洗浄力の高い優れた商品が多く開発されています。

 

界面活性剤の含まれないオイルを使うと、クレンジング剤に含まれる油分やなじんだメイクが上手く流れないことで、結果的に肌を痛めてしまうことになります。通常のオイルやベビーオイルはクレンジング剤がない時の対処法として上手に利用しましょう。

関連ページ

乳化とは?
クレンジングオイルを使う時に注意したいのが、乳化です。クレンジングオイルは乳化する事によって肌に残らずサッと流れてくれるんですよ。ここでは、クレンジングオイルの乳化のやり方と重要性について詳しく紹介しています。
頭皮クレンジングについて
頭皮クレンジングはオイルを使った美容法で、肌にのこった頭皮汚れをスッキリ洗い流すことができます。ここでは頭皮クレンジングのやりかた(方法)と効果について詳しく紹介しています。
保湿の重要性について
クレンジング後の肌はとても刺激を受けやすい状態になっています。ここでしっかりと保湿をしておかないと、乾燥を招く原因となってしまいます。ここではクレンジング後の保湿について詳しく紹介しています。
ディープクレンジングについて
ディープクレンジングは肌にとってとても良い効果をもたらす美容方法です。あなたも週1のディープクレンジングを始めてみませんか?このページではディープクレンジングの方法や効果について詳しく紹介しています。
オレイン酸とは?
植物オイルに良く含まれているオレイン酸とはどんな成分なのでしょうか?ここではオレイン酸の美容効果や使用時の注意点について詳しく紹介しています。
リノール酸について
植物オイルなどに多く含まれるリノール酸とはどのような成分なのでしょうか?ここではリノール酸の特徴や、メリット・デメリットについて詳しく紹介しています。