クレンジングと洗顔に違いについて

今さら聞けない?クレンジングと洗顔の違いについて

クレンジングをした後に洗顔を行う、いわゆる「ダブル洗顔」を行う人が増えていますが、そもそもクレンジングと洗顔にはどのような違いがあるのでしょうか?

 

今さら人には聞けないクレンジングと洗顔の違いについて、今回はそれらの種類もご紹介しながら説明していきます。

 

クレンジングと洗顔の違いとは?

最近のクレンジング剤や洗顔料には、保湿や美白など様々な付加価値が付いた高機能なものが多いですが、本来はそれぞれの役割があります。

 

クレンジングの役割

クレンジング剤は、メイク汚れなど密着性の高い油分を落とすためのものです。

 

油性の汚れは、そのまま水やお湯で洗い流そうと思っても、水と油は混じり合わない性質を持っているので、しっかり落ちることはありません。メイク汚れがそのまま肌にのっていた状態では、毛穴のつまりなどにより、ニキビや炎症など様々な肌トラブルを引き起こしてしまいます。

 

クレンジング剤に含まれる油分が、メイクなどの油性の油を浮かし、さらに界面活性剤によって水になじみやすい状態を作ってしっかり洗い流してくれるのです。

 

洗顔の役割

洗顔は、皮脂やほこり、古い角質などの汚れを落とすためのもので、一般に水溶性の汚れを洗い流す効果があると言われています。メイクをした日には、クレンジングを行うと思いますが、それだけでは基本的に水性の汚れは肌に残ったままになります。

 

すると、メイク汚れを残したままの時と同様に、毛穴つまりを引き起こし、ニキビや肌の炎症などの肌トラブルが起きてしまいます。洗顔は朝と夜の2度行うと思いますが、どちらも皮脂やほこり、角質などの汚れを落とします。

 

日中は活発に活動をしていますので、汗も多くかきますし、ほこりや花粉など様々な汚れが肌に付着しています。したがって、夜の洗顔はしっかりとこれらの汚れを落とし、肌負担を減らすことが必要です。

 

朝は、寝ている時に分泌された皮脂や少量のほこりなどを取り除くために行いますが、肌の調子や肌質によっては、ぬるま湯で洗い流すだけでも十分落ちてくれます。ぬるま湯で洗い流した後にべたついた感じがする時は、皮脂がきちんと落ちていない証拠ですので、洗顔料を使って洗顔し、化粧水や美容液などでしっかり保湿を行いましょう。

 

クレンジング剤の種類と方法

クレンジング剤には、洗浄力の高い順に、シート、オイル、リキッド、バーム、ジェル、クリーム、ミルクがあります。一般に、洗浄力が高い物は肌への負担が大きいと言われていますので、肌質やその日のメイクの濃さによって使い分けることが必要です。

 

シートタイプ

シートタイプは、手軽に使えて便利ですが、肌をこする可能性が高くなるので肌負担が心配です。旅行や緊急時用として使うと良いでしょう。

 

オイルタイプ

オイルタイプは、目元や口元などのポイントメイクもしっかり落とし、毛穴に入ったメイク汚れも浮かせて洗い流すことができます。メイクの濃い日や、脂性肌の人には適したクレンジング剤の一つです。

 

リキッドタイプ

リキッドタイプは、油分が含まれていないので、マツエクをしている人も使えるクレンジング剤です。ばっちりメイクも落とすことができますが、乾燥肌や敏感肌の人には不向きです。

 

バームタイプ

バームタイプは、オイルとミルクの両方の利点を合わせ持ち、欠点を補い合っているとい言われ、かなり優秀なクレンジング剤です。乾燥肌の人も使えるので、保湿などのエイジングケアを心がけている人におすすめです。

 

ジェルタイプ

ジェルタイプは、メイク落ちと肌への優しさのバランスが取れていて、多くの人に適しています。乾燥肌や敏感肌の人も使うことができます。

 

クリーム・ミルクタイプ

クリームタイプやミルクタイプは、洗浄力があまり高くない分、肌への負担は少ないクレンジング剤です。肌荒れが気になる乾燥肌や敏感肌の人、ナチュラルメイクの人におすすめです。

 

油分が含まれているクレンジング剤を使用する際には、少しずつぬるま湯を加えて乳化させながらすすぐようにしましょう。そうすることで、余計な力を加えずにクレンジング成分をきれいに洗い流すことができ、肌負担を軽減できます。

 

洗顔料の種類と洗顔方法

洗顔料には様々な種類があります。固形石鹸を始め、チューブ、泡で出てくるタイプ、パウダー、クレイ、ジェル、スクラブ入りなど多岐に渡ります。どの洗顔料が自分に合っているかを判断する材料は、洗い上がりのつっぱり感にあります。つっぱるようでしたら、刺激の少なく保湿成分が配合された洗顔料に変えることをおすすめします。

 

どの洗顔料を使った場合でも、基本は肌への負担を軽減するため、しっかり泡立ててから使用するようにしましょう。クレイやジェルタイプのように泡立てられないものでも、肌をこするような使用は避け、なでるようにして汚れを浮き上がらせて落とすことが大切です。

 

毛穴につまった角栓やざらつきを取る場合には、少し力を入れる必要がありますが、指の腹を使って優しく洗いましょう。また、高温のお湯で洗い流すことは乾燥を引き起こすので避けましょう。32℃ぐらいのぬるま湯で洗うことが乾燥も少なく汚れも落としやすいと言われています。

 

洗い残しやすい場所を知り、しっかりすすぐことも大切です。小鼻周りやあごなどは、しっかりすすがないと、毛穴に洗顔成分が残ったままになりやすいので注意が必要です。

関連ページ

クレンジングの種類と特徴
クレンジングにはさまざまな種類と特徴があります。メイクの落ち具合や、肌への負担、使い方などが異なるので、一度クレンジングについてしっかりと理解して、自分に合ったクレンジングを見つけましょう!
クレンジング後のW洗顔について
クレンジング後のW洗顔は必要なのでしょうか?これは、その人の肌質によるところが大きいです。そこdこのページでは、肌質別のW洗顔に必要性について詳しく紹介しています。
アイメイクの落とし方
アイメイクがどうしてもうまく落とせないで残ってしまう・・ こんな経験ありませんか?そこで、このページではアイメイクの上手な落とし方について詳しく紹介しています。