クレンジング後のW洗顔は必要?

クレンジング後のW洗顔は必要?肌質によって異なるW洗顔の効果について

クレンジング剤を見てみると、「W洗顔はいりません」「すすいだ後の洗顔不要」という表記がある場合があります。

 

しかし、本当にクレンジング成分や余分な皮脂、古い角質が落ちているか心配でW洗顔をしている人も多いですよね?

 

そこで今回は、肌質によるW洗顔の必要・不要について紹介していきます。

 

W洗顔とは?

W洗顔とは、メイクをした日にクレンジング剤でメイク汚れを落とした後、さらに洗顔料を使って顔を洗うことを指します。

 

W洗顔の意義@油性と水性の汚れを落とす

基本的にクレンジング剤と洗顔料は役目が違います。多くのクレンジング剤にはメイク汚れを浮かせやすくするために油分が含まれています。

 

一方で洗顔料は汗やほこり、余分な皮脂、古い角質などの汚れなどの水性の汚れを落とすためのものです。つまり、クレンジング剤は油性の汚れ、洗顔料は水性の汚れを落とすという役割をそれぞれ分けて担っており、W洗顔をすることで肌についた様々な汚れをしっかり落とすことができます。

 

W洗顔の意義A肌に残ったクレンジング成分を落とす

クレンジングは油分などの洗浄成分を持ってメイク汚れを落としますが、油は基本的に水に混じり合わないので、ぬるま湯や水で洗い流そうとしてもきれいに落ちてくれません。

 

そのため、ほとんどのクレンジング剤には界面活性剤が含まれています。界面活性剤は油と水が混じり合うよう、間をとりもつ役目をしてくれます。界面活性剤の働きによって、ほとんどのクレンジング成分は洗い流すことができますが、毛穴などにクレンジング成分が残っていて、ニキビなどの肌トラブルを引き起こしてしまうことがあります。

 

そのため、洗顔料を使ってもう一度洗うことによって、肌に残ったクレンジング成分をしっかりと落とすことができます。

 

W洗顔の効果

W洗顔によって油性と水性の両方の汚れやクレンジング成分をしっかり落とすことができるので、毛穴つまりを回避し、肌トラブルを抑える効果が期待できます。

 

また、きちんと汚れを落とすことによって、その後のスキンケアで使用する化粧水や美容液などの美容成分を肌の奥までしっかり浸透させることができるようになります。

 

W洗顔のデメリット

W洗顔をすることによって、肌を刺激する回数が増え、肌に負担をかけることにつながります。

 

また、必要な皮脂まで洗い流してしまうので肌のバリア機能を低下させ、乾燥を引き起こす可能性があります。

 

W洗顔不要の商品も洗顔はしたほうがいい?

クレンジング剤と洗顔料で落とせる汚れが違うのに、「W洗顔不要」と書かれているクレンジング剤があるのはなぜでしょうか?これは、油性であるメイク汚れと同時に、水性汚れであるほこりや汗、皮脂や古い角質なども一緒に落とせるタイプのクレンジング剤ということです。

 

もちろんクレンジング成分を落とすためには適切なすすぎを行う必要がありますが、それをマスターすれば肌の汚れもクレンジング成分も落とせるので、肌へ余分なものを残す心配がなくなります。適切なすすぎとは、油性のクレンジング剤を「乳化」させ、しっかり水となじむ状態を作ってから洗い流すということです。

 

W洗顔不要のクレンジング剤の場合、この作業を丁寧に行い、その後十分な回数すすぎを行えば、基本的に肌にクレンジング成分は残らないと言われています。しかし、クレンジング剤だけで本当に肌についた汚れがきれいに落とせたか心配になる方もいますよね?

 

そうとは言っても、W洗顔にはデメリットもあるので、無理に行うことで肌トラブルを引き起こしてしまっては意味がありません。実は、W洗顔が向いている肌と向いていない肌があるので、肌質に合わせてW洗顔を行うかどうか決めてみてはどうでしょうか?

 

W洗顔をしない方が良い肌質

乾燥肌の人はW洗顔が向いていないタイプの肌質と言えます。

 

例えば、洗顔後だけでなく、化粧水や乳液を付けた後でも肌の乾燥が気になる人は乾燥肌が進行していると考えられます。こういった肌状態の場合、肌に負担がかかりやすくなっています。

 

ここにW洗顔をすると、肌をこする刺激が2倍になるわけですから、肌負担が大きくなります。また、このような人は、皮脂の分泌量が少なくなっていたり、肌表面にある皮脂量も減っていたりする可能性がありますので、W洗顔によって必要な皮脂を落としてしまうことは肌トラブルを悪化させる原因になります。

 

W洗顔をした方が良い肌質

敏感肌や普段からニキビができやすい人はクレンジング剤を肌に残さないためにW洗顔を行う方が無難と言えます。

 

しかし、敏感肌の人は肌への刺激を極力抑えることが大切ですから、クレンジングの際にもこすらず、やさしくなでるように行い、洗顔料もしっかり泡立ててから顔を包み込むようにして洗いましょう。

 

蒸しタオルなどで毛穴を開いてから洗顔をすると、余計な力を加えずに毛穴の汚れまですっきり落とせるのでおすすめです。

関連ページ

クレンジングの種類と特徴
クレンジングにはさまざまな種類と特徴があります。メイクの落ち具合や、肌への負担、使い方などが異なるので、一度クレンジングについてしっかりと理解して、自分に合ったクレンジングを見つけましょう!
クレンジングと洗顔に違いについて
クレンジングと洗顔の違いについてあれ?と思った事はありませんか?何のためにメイクを落とした後にももう一度顔を洗うのでしょう?このページでは、クレンジングと洗顔の違いについて詳しく紹介しています。
アイメイクの落とし方
アイメイクがどうしてもうまく落とせないで残ってしまう・・ こんな経験ありませんか?そこで、このページではアイメイクの上手な落とし方について詳しく紹介しています。