アイメイクの落とし方

アイメイクの上手な落とし方は?

「クレンジングをしてもアイメイクがいつも残ってしまう…」そんなことありませんか?

 

目元のメイクはアイラインを引いたりマスカラを重ね塗りしたり… 他の部分よりも使うメイク用品も多いので落ちにくいですよね。

 

ここではそんな落としづらいアイメイクを上手に落とすやり方やポイントをご紹介していきます。

 

アイメイクを落とすときのマストアイテム!

濃いアイメイクをしっかりと落とすためにぜひ活用していただきたいのがポイントメイク専用のリムーバーです。

 

他のクレンジング剤よりも洗浄力が強力で、簡単にアイメイクを落とすことができます。

ポイントメイク専用リムーバーを使うメリット

ポイントメイク専用リムーバーを使わなくても、しっかりめのアイメイクも落とせるという方もいるかもしれませんね。

 

しかし、ポイントメイク専用リムーバーを使うことで得られるメリットもあるんですよ。

 

ベースメイクを優しく落とせる

落ちにくいアイメイクに合わせてクレンジング剤を洗浄力の高いものにしてしまうと、その他のベースメイクを落とすときに肌に負担がかかってしまいます。

 

オイルタイプやリキッドタイプなどの洗浄力の高いクレンジング剤は、メイクだけでなくうるおいまで奪ってしまうのです。ベースメイクも濃いめ!という人にはいいのですが、アイメイクだけ濃いめでファンデーションは薄め…という人が使うと肌トラブルに繋がりやすくなります。

 

リムーバーで濃いメイクを先に落としておけば、他のベースメイクは洗浄力の弱いクレンジング剤で落とすことができ、肌の負担を最小限に減らせます。

 

小ジワやたるみを防げる

目元は顔の中でも特に皮膚が薄く、デリケートな場所です。

 

落ちないからと言ってゴシゴシ擦ると、皮膚が伸びてシワやたるみに繋がります。擦るのがよくないからと、メイクをしっかり落とさずに肌に残してしまうのもNG!それもまた肌トラブルの原因に…。

 

リムーバーを使えばそのどちらも防ぐことができ、目元のトラブルを起こしにくくすることができます。

 

リムーバーを使ったアイメイクの落とし方

@リムーバーを適量コットンに染み込ませる
肌の上の滑りを良くするためにやや多めに染み込ませるのポイントです。

 

A目をつむり、目元にコットンを10秒ほど置く
少し時間を置くことでメイクを浮かせることができます。まぶたのシャドウ、アイラインやマスカラなどにリムーバーが密着するように軽く押さえましょう。

 

B撫でるように拭き取る
下方向に撫でるようにメイクを拭き取ります。一度でメイクが取り切れなかった場合は、もう一度新しいコットンを使って繰り返します。

 

リムーバーの注意点

リムーバーはポイントメイク専用として使いましょう。

 

良くメイクが落ちるので、ついほかの部位にも使用したくなりますが、ポイントメイク専用のリムーバーは洗浄力が高いため、他のメイクを落とそうとすると肌に負担がかかり、乾燥を強めてしまいます。

 

正しいやり方で、目元や口元など落ちにくいメイクにだけ使いましょう!

関連ページ

クレンジングの種類と特徴
クレンジングにはさまざまな種類と特徴があります。メイクの落ち具合や、肌への負担、使い方などが異なるので、一度クレンジングについてしっかりと理解して、自分に合ったクレンジングを見つけましょう!
クレンジングと洗顔に違いについて
クレンジングと洗顔の違いについてあれ?と思った事はありませんか?何のためにメイクを落とした後にももう一度顔を洗うのでしょう?このページでは、クレンジングと洗顔の違いについて詳しく紹介しています。
クレンジング後のW洗顔について
クレンジング後のW洗顔は必要なのでしょうか?これは、その人の肌質によるところが大きいです。そこdこのページでは、肌質別のW洗顔に必要性について詳しく紹介しています。