クレンジングオイルのおすすめは?

クレンジングオイルの使い方とおすすめ商品の選び方について

クレンジングオイルの使い方とおすすめ商品の選び方を徹底解説

 

貴方は自分に合ったお気に入りのクレンジングオイルを見つけていますか?

 

最近の化粧品は高機能で、洗浄力の弱いクレンジング剤では落ちにくいものが増えています。そのため、メイクが落ち切らず余計な肌トラブルが起こることもめずらしくありません。

 

毎日メイクアップ・メイクオフを繰り返す女性の肌は、酷使され続けています。そのため、毎日自分の肌を真っ白なキャンバスに戻してあげることが大事です。

 

クレンジングで肌をまっさらな状態にしてあげることで、クレンジング後のスキンケア商品(化粧水や美容液など)も本来の機能を発揮します。

  • 中々自分に合うクレンジングオイルが見つからない
  • クリーム・ミルクタイプではメイクが残ってしまうため良いクレンジングオイルを探している
  • メイクを始めたばかりでクレンジングオイルをあまり知らない

この様な方は、このサイトでクレンジングオイルの使い方とおすすめ商品の選び方について詳しく紹介しているので参考にしてみてくださいね。

 

クレンジングオイルの成分について

クレンジングオイルの成分構成は、基本的にオイルと界面活性剤で構成されています。

 

このオイルと界面活性剤に、香料や、アロマエキス、酸化防止剤、防腐剤などを加えるとクレンジングオイルが出来上がります。

 

酸化防止剤や、防腐剤と聞くとあまり良い気はしませんが、最近は抗酸化作用を持つオイルを使い、酸化防止剤や防腐剤を含まない良質なクレンジングオイルも増えています。

 

クレンジングオイルに使われるオイルの種類と特徴

クレンジングオイルに使われるオイルの種類は、油脂・エステル類・鉱物油に分けることができます。では、それぞれのオイルの特徴について見ていくことにしましょう。

 

油脂

油脂にはオリーブオイル・マカダミアナッツオイル・椿オイルなど植物性のものと、馬油などの動物性のものがあります。(ちなみにホホバオイルはワックスエステルです。)

 

油脂の特徴として、肌に残ってしまった場合でも皮脂の代わりとして保湿を行うことが挙げられます。ただし、肌の上に残ったオイルが酸化した場合、肌トラブルを引き起こしてしまうことがありますのでしっかりと洗い流す必要があります。

 

油脂系オイルの面白い所は、この油脂の酸化安定性がオイルによって異なる所です。油脂系のオイルを選ぶ場合は、コメヌカオイルやアルガンオイルなど抗酸化成分を多く含むオイルをベースに使っているものを選ぶのがポイントです。

 

エステル類

エステルは酸とアルコールから脱水して得られるもので、クレンジングオイルにも良く使われる成分です。

 

2-エチルヘキサン酸セチル、ミリスチン酸イソプロピルなどさまざまなエステル油があり、脱脂能力も高めです。

 

ミネラルオイル(鉱物油)

ミネラルオイルは石油資源から採取されるオイルで、炭化水素系オイルとも呼ばれます。

 

ミネラルオイルの特徴として、脱脂能力が強く非常に安い事が挙げられます。鉱物油と言われると肌にマイナスの影響を及ぼすとイメージしてしまいますが、オイルの精製技術の向上もあり化粧品に使われるミネラルオイルはほとんどのものが安全です。オイル自体が肌に刺激を与える事もありません。

 

ただし、脱脂能力が非常に強く、肌に必要な油分を根こそぎ洗い落としてしまうので、乾燥をまねく原因となることが多いです。また、油脂に比べると洗い流しにくいというマイナスポイントもアリ。

 

クレンジングオイルに使われる界面活性剤について

クレンジングオイルに使われる界面活性剤は、化粧品全般に含まれる大事な原料です。

 

界面活性剤は水になじみやすい部分(新水基)、油になじみやすい部分(疎水基)をひとつの分子の中に合わせ持っているのが特徴です。油性の原料と水溶性の原料を混ぜて、クリームを作る(乳化)ことや、顔の汚れを浮かせる(洗浄)などさまざまな効果を発揮します。

 

油は水をはじいてしまうため、普通はすすいでもなかなか落ちませんが、この界面活性剤のおかげてクレンジングオイルはするっと水で洗い流すことができるんですね。

 

失敗しないクレンジングオイルの選び方

失敗しないクレンジングオイルの選び方についてですが、クレンジングオイルの構成はシンプルが鉄則です。

 

巷では、美容成分がふんだんに配合されているクレンジング剤も見かけますが、正直言ってあまりおすすめできません。というのも、クレンジングはメイクや肌の表面の汚れを落とすという、一点を目的としておこなう作業だからです。

汚れを落とす作業と、美容成分を取り込む作業を一度に行うのは無理がありますよね。また、美容成分をふんだんに配合した欲張りクレンジングオイルは、美容成分を安定させるためにさまざまな添加物も必要になります。その結果どんどんシンプルな構成とはかけはなれてしまい、もはやクレンジングオイルと呼べないよく分からないものが出来上がってしまいます・・

ですので、クレンジングオイルを選ぶ際は、質の良いオイル+刺激の少ない界面活性剤のシンプルな組み合わせで構成されている商品を選びましょう。

 

おすすめクレンジングオイルはこれ!

では、この考え方をふまえて今おすすめできる良質なクレンジングオイルを見ていくことにしましょう。

 

【アテニア】スキンクリアクレンズオイル

(画像公式サイトより)

アテニア スキンクリアクレンズオイル
価格:1,700円(税別)
内容量:175ml
W洗顔:不要
マツエクへの使用:可

 

くすみの原因となる肌ステイン除去
コストパフォーマンスに優れた良質なオイル


 

↓アテニア クレンズオイル公式サイトはこちら↓
⇒http://www.attenir.co.jp/

⇒肌色を明るくする 革新的クレンジングオイル

 

【ファンケル】マイルドクレンジングオイル

(画像公式サイトより)

ファンケル マイルドクレンジングオイル
価格:1,700円(税別)
内容量:120ml
W洗顔:必要
マツエクへの使用:可
※初回限定500円のトライアルボトルあり

 

角栓クリアオイルの働きで毛穴汚れまでも除去
5秒に1本売れている大ヒット商品


 

↓ファンケル マイルドクレンジングオイル公式サイトはこちら↓
http://www.fancl.co.jp/
⇒毛穴の角栓もマスカラもこすらず即落ち!

 

【CALM】オーガニッククレンジングオイル

(画像公式サイトより)

CALM オーガニッククレンジングオイル
価格:2,300円(税別)
内容量:150ml
W洗顔:不要
マツエクへの使用:不可

 

コメヌカオイル配合のやさしいクレンジングオイル
シンプルでナチュラルスタイルな人に


 

⇒CALM クレンジングオイルをAmazonで見る

 

【シュウウエムラ】アルティム8∞ スブリムビューティ クレンジングオイル

(画像公式サイトより)

シュウウエムラ アルティム8∞クレンジングオイル
価格:4,400円(税別)
内容量:150ml
W洗顔:不要
マツエクへの使用:可

 

クレンジングオイルの原点
至高のテクスチャーを体感したい方に


 

⇒シュウウエムラ クレンジングオイルをAmazonで見る

 

クレンジングオイルの使い方は?

では、ここからはクレンジングオイルの正しい使い方について紹介します。

 

ポイントメイクは先に落としておく

目元・口元に落ちにくい高機能な化粧品を使っている場合は、先にポイントメイクを落しておきましょう。

 

特にウォータープルーフマスカラなどは、クレンジングオイルを使っても落としにくいことがあるので、先に落としておくといいでしょう。

 

乾いた手のひらにクレンジングオイルを出す

まず最初にクレンジングオイルを手に取りますが、ここでの注意点は2点。

 

濡れた手でオイルを扱わない

濡れた手でオイルを使うと、オイルが乳化してしまいメーカーの定めた本来の機能を発揮することができません。お風呂での使用OKのクレンジングオイルなら多少は大丈夫ですが、その場合もなるべく乾いた手でクレンジングオイルを使うようにしましょう。

 

また、クレンジングオイルは液ダレしやすいので、一度に手に取らずに2〜3回に分けて手に取るようにしましょう。

 

Tゾーンから順番に肌になじませる

クレンジングオイルを肌になじませる際に、皮脂の分泌量が多く、比較的刺激にも強いTゾーンからなじませていきましょう。

 

頬の内側から外側に向かってくるくるとメイクを浮かせる

Tゾーンにオイルをなじませたら、次に頬の内側から外側に向かってくるくると円を描くようにオイルをなじませていきます。

 

このときに、手のひらを使わずに指の腹でやさしくオイルをなじませていきましょう。この時に力を入れてこすってしまうと、肌本来のバリア機能が低下してしまい、乾燥や肌トラブルの原因となります。やさしくやさしくオイルをなじませていきましょう。

 

クレンジングオイルの感触が変わったら、メイクが浮き上がりオイルがなじんだ合図になります。少し手間ですが、拡大鏡などを使って、メイクをしっかり落とせているかを確認するのも明日の美肌作りのための大事な作業です。

 

クレンジングオイルは乳化させるのがおすすめ

クレンジングオイルは乳化させてから洗い流すのがおすすめです。

 

クレンジングオイルをなじませメイクをしっかり浮き上がらせたら、顔になじんだクレンジングオイルに3〜4回に分けて少量ずつ水を加えていき丁寧に乳化させましょう。

 

この作業はメンドクサイと感じてしまいますが、乳化を行うことによって水とオイルがなじみやすくなり洗い残しを減らすことができます。

 

また、乳化を行うとすすぎの回数が減るので、実は時間的にはあまり変わらないんですね。そのため、丁寧に乳化させる作業は意識的にしておいたほうがいいと感じます。

 

ぬるま湯ですすぐ

乳化の作業が終わったら、ぬるま湯ですすいでいきましょう。

 

この時、お湯の温度が高すぎると肌に必要な油分まで流れてしまい乾燥を招くといわれています。また、逆にお湯の温度が低すぎると、オイルが固まってしまい洗い流しにくくなってしまいます。

 

人肌より少し低めの32〜34度のぬるま湯ですすぐようにしましょう。また、この時顔の中心部だけでなく、髪の生え際まで丁寧にすすぎ洗いをしてくださいね。

 

できれば最後にティッシュオフ

すすぎ洗いで綺麗にオイルを洗い流したら、タオルでやさしく水分をふき取りましょう。

 

また、タオルで水分を拭き取ったあと、できればティッシュオフをしましょう。この時、霧吹きなどで少し湿らせたティッシュを使うと効果的です。

 

クレンジングオイルの乳化について

クレンジングオイルは丁寧に乳化させて使うというのは、クレンジングオイルを使う際の大事なポイントです。

クレンジングオイルの乳化を行う目的について簡単に説明すると、油汚れ(メイク・皮脂など)は油で落とす必要がありますが、水と油は仲が悪いためこれでは水で洗い流すことができません。そこで界面活性剤の力を借りて乳化を行うことにより、油と水を仲良くさせて水で洗い流せるようにする。これが乳化の目的です。

クレンジングオイルに使われる植物オイルは、肌に残ってしまうと酸化して肌トラブルの原因となる可能性がありるため丁寧に乳化を行うと良いと言われています。

 

しかし、乳化作業がめんどくさいという方も多いですよね?そういった方は、抗酸化成分を含むベースオイルを使っているクレンジングオイルを選ぶといいですね。抗酸化成分を含むオイルにはアルガンオイル(トコフェロール)、コメヌカオイル(トコトリエノール)などがあります。私の一番のおすすめはウチワサボテンオイルですが、めちゃくちゃ高いです・・

 

クレンジングオイルを使う時間はどの位?

クレンジングオイルを使う時間できるだけ短時間が望ましいです。一般的にはクレンジングオイルを肌に乗せておく時間は、1〜2分以内がいいと言われています。

 

とは言っても、メイクをしっかりと落としきれていないのは、肌にとって悪影響を及ぼします。クレンジング自体は慣れてくると短時間で済ますことができるので、初めは丁寧に化粧を落とすことを心がけましょう。

 

↓おすすめのクレンジングオイルはこちら↓

 

ディープクレンジングで毛穴をクリーンに!

最近はクレンジングオイルを使ったディープクレンジングを行う人も増えてきましたね。ディープクレンジングはいつもは落としきれない毛穴に詰まった汚れや、古くなった角質、余分な皮脂を洗い流すことができると人気のクレンジング方法ですね。

 

クレンジングを始める前に、スチーマーやホットタオルで肌を温め、毛穴を開かせ肌をやわらかくしておいたほうが効果的ですが、それ以外は通常のクレンジングオイルの使い方と変わりません。

 

ただし、ディープクレンジングは洗浄力が強く、やりすぎると逆効果になってしまうことがあります。ディープクレンジングの頻度は週に1回。皮脂のテカリが気になる時期でも、週に2回にしておきましょう。また、クレンジング後の保湿を徹底的に行いましょう。

 

普段は落としきれていない皮膚の汚れが落ちるため、ディープクレンジング後は化粧水や美容液が本来の機能を発揮して、するっと角質層まで浸透します。週に一度のスペシャルケアとして、取り入れてみるのもおすすめですよ。

 

クレンジングオイルを使う際の注意点

クレンジングオイルを使う際に注意するポイントがいくつかあります。これは間違えて覚えてしまいやすいので、是非意識するようにしましょう。

 

クレンジング時にはマッサージをしない!

クレンジングの際にマッサージをかねている人がいますが、これはNGです。

 

クレンジングとはあくまで化粧や肌に残った余分な皮脂や汚れを落とす作業です。ここで肌をどれだけクリーンな状態にできるかで、その後の化粧水や美容液の浸透具合も変わってきます。

 

そのため、スキンケアの第一歩としてしっかりと肌を綺麗な状態に戻してあげる必要があります。

 

美容成分を取り込むためのマッサージは、クレンジングでお肌を真白なキャンバスにした次の段階で行いましょう。

 

クレンジングオイルは先に乳化させた状態で使わない!

クレンジングオイルは先に乳化させた状態では使わないようにしましょう。クレンジングオイルは、先に乳化させてしまうとメーカーが設定した洗浄力を発揮できません。

 

クレンジングオイルの乳化を行うのは化粧を浮かせて洗い流す直前で、クレンジング時には乳化していない状態でクレンジングを行う必要があります。

 

お風呂でクレンジングオイルを使う場合、また濡れた手で使用できる機能を持つ商品を使う場合でも、なるべく乾いた手で使用するのが好ましいですね。

 

化粧落としだけじゃない!クレンジングオイルの使い道は?

クレンジングオイルは化粧を落とすだけでなく、色々な使い道のある便利アイテムです。

  • メイク落とし
  • ポイントメイク落とし
  • 日焼け止めを落とす
  • 毛穴・角栓のケア(ディープクレンジング)
  • 頭皮クレンジング
  • 服についた油汚れを取る

などさまざまな使い方ができるので、普段それほどメイクをしない方でもクレンジングオイルを1本持っておくと便利ですよ。

 

クレンジングの疑問を解消

ここからは、クレンジングビギナーの方のために、クレンジングの疑問を解消して行くことにしましょう。

 

そもそもクレンジングと洗顔の違いって?

クレンジングと洗顔の違いについては、大人の女性はほぼ全ての方が理解していると思います。

 

ただ、メイクを始めたての若い女性や、スキンケアに興味を満ち始めた男性はこの違いが分からないという人も多いです。

 

クレンジングとはメイクを落とす目的で行われるものです。これに対して洗顔は、肌の汚れを落とす目的で行われます。化粧品は油分を含むものが多く、洗顔用の石鹸などでは落としきることができません。そのため、メイクを落とすためにはクレンジングという作業が必要に必要になるんですね。

 

ですので、基本的には朝起きてすっぴんの状態で行うのは、洗顔です。ここでクレンジングオイルを使ってクレンジングする必要はありません。

 

クレンジング後のW洗顔は必要?

クレンジングオイルを使った後のW洗顔の有無については、使用した商品によって異なります。ほとんどの商品は取り扱い説明に、W洗顔が必要なのか、W洗顔は不必要なのかは明記してありますのでそちらに従うようにしましょう。

 

ただし、最近の高機能なクレンジングオイルはW洗顔不要のものが多いです。先ほど紹介した商品もファンケルのマイルドクレンジング以外はW洗顔は不要のものですね。この辺りはクレンジングオイルの設計と、メーカーの考え方によって異なる部分ですが私は肌への刺激を少なくするという点からW洗顔はしていません。

 

しかし、中にはW洗顔不要のクレンジングオイルを使っても「洗い上がりの肌がキュキュッっとしないと洗った気がしない!」という方もいますよね?本来は、肌がキュキュッとなるまで洗顔するのは、肌に必要な皮脂まで流れ落ちてしまい、乾燥を招くのであまりおすすめしません。

 

ただこれは個人の好みの問題でもあるので、どうしてもしっかり洗顔したいという方は、その後の保湿を徹底的に行うようにして肌の乾燥を防ぎましょう。

 

クレンジングオイルはマツエクに使える?

クレンジングオイルは、基本的にはマツエクには使えないと考えておきましょう。

 

これはクレンジングオイルがマツエクに使われるグルー(接着剤)を溶かしてしまうことが原因です。特に、ミネラルオイル(鉱物油)はグルーを溶かしやすいと言われています。

 

といっても、最近はマツエク対応のクレンジングオイルも開発されています。先ほど紹介した中では、アテニアやファンケル、シュウウエムラのクレンジングオイルはマツエクにも対応しています。

 

ただし、マツエクに対応したクレンジングオイルはまだそれほど多くはありません。マツエク対応の商品も、マツエクに良く使われる特定のグルー(シアノアクリレート系)にしか対応していないため、基本的にはクレンジングオイルはマツエクには使えないと考えていたほうが無難ですね。

 

オリーブオイルなどの普通のオイルでメイクは落ちない?

クレンジング用ではなく、普通のオイルじゃメイクは落とせないの?って考えたことありませんか?

 

クレンジングオイルではなく、オリーブオイルやなんならサラダ油を使ってもメイクを浮かせることは可能です。もちろんサラダ油でクレンジングしようとは思いませんが、化粧を浮かせる事はできます。

 

ただし、クレンジングオイルと違い、通常のオイルを使うと洗い落とすのが大変なんですね。油は水をはじくので、乳化剤の入っていない通常のオイルを洗い流すのはとても大変です。

私の経験上クレンジングオイルは20回程度のすすぎで洗い流すことができますが、通常のオイルは50回以上すすいでもまだ洗い流せず肌に残っていました。これとてもめんどくさいです。乳化剤(界面活性剤)を嫌がって、オリーブオイルなどでクレンジングをするかたもたまにいますが、私はメイク汚れを含んだオイルが肌に残ってしまうことの方がよっぽど肌に悪影響があると感じます。

 

どうしても乳化剤(界面活性剤)が気になる場合

どうしてもクレンジングオイルに含まれる乳化剤が気になる場合は、オイル選びにこだわってみましょう。

 

この時におすすめしたいのが、コメヌカオイルです。コメヌカオイルはオレイン酸、リノール酸、パルミチン酸をバランスよく配合し、コメヌカにしか含まれていないγ-オリザノールやトコトリエノール、トコフェロール、スクワレン、フェルラ酸、植物ステロール等の有効成分を豊富に含んでいるのが特徴です。

 

また、コメヌカ油以外にもアルガンオイルやマカデミアナッツオイル、サボテンオイルなど良いオイルはたくさんあるのですが、コメヌカオイルはなんといっても高くないのが嬉しいですね。あくまで高くないだけで、安いオイルではありませんが、日本では米が主食ということで精米の際にでるぬかを集めやすいという理由から価格が安定しているようです。

 

乳化剤の含まれていない通常のオイルをクレンジングに使う場合、すすぎ洗いでは中々落とせませんので、すすぎの前に軽くティッシュオフ(こすらずオイルを吸わせるだけ)しておくと流しやすくなりますよ。

 

ベビーオイルでのクレンジングはアリ?

お手頃の値段でいつでも便利に使うことができると評判のベビーオイルですが、はたしてベビーオイルを使ってのクレンジングはアリでしょうか?

 

ベビーオイルは比較的安価なものが多いですが、安価な製品のベースオイルはミネラルオイル(鉱物油)がほとんどです。今は精製技術も進歩しており、しっかり精製されたミネラルオイルも悪くはありませんが、顔に使う場合はオイル選びにはこだわって頂きたいところです。

 

もちろん中には植物性のオイルを使用した上質なベビーオイルもありますが、そういった製品は普通にクレンジングオイルを購入するより割高になってしまうことが多いです。ですので、わざわざベビーオイルをクレンジングに使う事にあまりメリットはないと思います。

 

またお子さんにベビーオイルを使用する際も、せっかくならミネラルオイルではなく、上質なオイルを使ってあげたいですね。

 

クレンジングオイルが服についてしまったら?

クレンジングオイルが間違って服についてしまい油ジミができた。こんな経験ありませんか?そのまま洗濯してもクレンジングオイルの油ジミはなかなかとれないんですよね。

 

この様に、クレンジングオイルが服についてしまった場合は、台所用の洗剤で対処することができます。

 

やり方は簡単。台所用洗剤を、油の染み込んだ箇所に含ませてすすぐだけ。ここですすぎが足りないと、服が色落ちしてしまうことがあるので、すすぎはしっかりと行いましょうね。

 

また、服についた口紅や油汚れは、クレンジングオイルを含ませると簡単に落とすことができます。その後台所用洗剤でクレンジングオイルを落とすという方法も覚えておくと便利ですよ。

 

クレンジングオイルの使用期限は?

クレンジングオイルの使用期限について知っていますか?クレンジングオイルはほとんどの製品に製造年月日や、使用期限が表示されていませんよね?これではいつまで安心して使えるのか分からないという方もいらっしゃると思います。

 

まずクレンジングオイルのほとんどの製品の使用期限は、未開封の場合製造から3年となっています。

 

これは薬機法(旧薬事法)という化粧品・医薬品の製造販売に関する法律で定められているものです。化粧品の場合は、未開封の状態で3年以上品質が保持されるものについては、製造日・使用期限の表示は行わなくていいとされているのですね。

 

ですので、クレンジングオイルは未開封の場合、3年以内を目途に使い切るようにしましょう。また、製造から3年の品質保持が担保されない商品に関しては、使用期限が明記されていますのでそちらに従うようにしてください。

 

開封後のクレンジングオイルの使用期限は?

開封後のクレンジングオイルの使用期限は3-6ヶ月が目安です。

 

クレンジングオイルは製品によって酸化安定性がまちまちですので、一概には言えないところですが、一度開封したクレンジングオイルは、半年以内には使い切りたいところですね。

 

クレンジングオイルを並行して複数試してしまったため、半年以内に使い切れないという場合は、頭皮クレンジングなどでバシャバシャと使い切ってしまうのもひとつの手です。

 

酸化して雑菌が繁殖してしまったクレンジングオイルを肌にのせるのは、余計な肌トラブルを招く恐れがありますので、一度開封したクレンジングオイルはなるべく早く使いきるようにしましょう。

 

クレンジングオイルの捨て方は?

クレンジングオイルを捨てる場合は、台所の油を捨てるのと同じ感覚で処理すると良いですね。

 

丸めた新聞紙にオイルを吸い取らせて、オイルを吸った新聞紙を牛乳パックやポリ袋に入れます。この時に自然発火の危険性を抑えるため、水も一緒に染み込ませるようにしましょう。もれないようにしっかり入口を塞いだら可燃物としてゴミに出すことができます。

 

クレンジングオイルは、メイク落とし以外にも色々な用途で使うことができるので、使ってみて肌に合わなかった場合でも捨てる必要はないと思います。どうしても捨てる必要がある場合だけ、この方法で処理してくださいね。

 

↓おすすめのクレンジングオイルはこちら↓

 

乾燥肌・敏感肌でもクレンジングオイルは使える?

乾燥肌、敏感肌の人もクレンジングオイルは使えるのでしょうか?

 

ここからは、肌質別のクレンジングオイルの使用に関して説明していきたいと思います。

 

乾燥肌の人

クレンジングオイルは乾燥肌の人には向かないと言われています。しかし、ベースオイルに抗酸化成分を含む油脂で構成された、肌の乾燥を招きにくいオイルを選べば問題ありません。

 

逆に、乾燥肌の人は、ベースオイルにミネラルオイルを使用しているクレンジングオイルは、乾燥を招きやすいため避けてほしいところです。

 

また乾燥肌の人がクレンジングオイルを選ぶ際は、なるべくW洗顔不要のものを選ぶといいですね。クレンジングを素早く丁寧に行った後、保湿をキチンと行うこともとても大事ですね。

 

敏感肌の人

敏感肌の人のクレンジングオイルの使用に関しては、本当に人それぞれ症状が異なるので一概には言えない所です。

 

クレンジングオイルは商品によって肌への刺激が異なりますので、敏感肌の人がクレンジングオイルを選ぶ際はなるべく低刺激のものを選ぶことが大事です。もちろんクレンジングオイルのクレンジング剤が肌に合う場合はそちらを使うのが良いと思います。

 

敏感肌の人は自分に合う商品を見つけるのが大変です。しかし、とても大切なことですので自身の肌に合う商品を見つけるまで根気よく探しましょう。

 

資生堂のDプログラムのクレンジングオイルなど、敏感肌用のクレンジングオイルもありますのでそちらを使用してみると良いかもしれません。

 

混合肌の人

混合肌の方、特に乾燥肌+皮脂の分泌量の多いタイプの混合肌の方はクレンジングオイルの使用が向いていると言えます。

 

この時に、Tゾーンなど皮脂の分泌量の多い箇所はクレンジングオイルを使い、他の箇所にはクレンジングミルクを使うなど場所によってクレンジング剤を使い分けることも有効だと思います。

 

肌荒れ時のクレンジングオイルの使用

肌荒れ時のクレンジングオイルの使用についてですが、肌荒れの原因がクレンジングオイルにある場合は当然クレンジングオイルの使用を中止してください。

 

原因が分からない場合は、化粧をしないか極薄めにしてクレンジングオイルを使わずに肌の様子を見ましょう。

 

ニキビにクレンジングオイルを使っていいの?

ニキビが出来ている場合でもクレンジングオイルを使う事は出来ますが、注意するポイントがいくつかあります。

 

これはどのクレンジング剤にも言えることですが、クレンジング剤に含まれる界面活性剤がニキビにとって刺激となることがあります。刺激を少なくするためには、短時間のクレンジングを心がけたり、一時的にクレンジングミルクや石鹸でも落ちる薄い化粧にしても良いでしょう。

 

また、アテニアのスキンクリア クレンズオイルはノンコメド処方でニキビになりやすい方でも使いやすいです。そのほかティーツリーオイルは、抗菌作用や抗炎症作用を併せ持ちニキビのケアには高い効果を発揮します。ですので、ニキビのケアをする場合はティーツリーオイルの配合されているクレンジングオイルを選ぶのも一つの手ですよ。

 

なお、ニキビが赤く炎症を起こしている状態の赤ニキビは、少しの刺激で悪化してしまいます。赤ニキビができてしまった場合は、ニキビのある部位へのメイクを極力しないようにして、クレンジングも行わずに済むようにできるといいですね。

 

クレンジングオイルまとめ

ここまでクレンジングオイルのおすすめ商品や、使い方について説明してきましたが、本当に良いクレンジングオイルを使うとクレンジング後のお肌もしっとり・さっぱりして全く不快感がありません。

 

クレンジング剤の選択はメイクの有無や濃さにもよりますが、普通にメイクを行う女子にはクレンジングオイルがおすすめです。

 

洗浄力が強過ぎるとクレンジングオイルを避けてきた人にも、クレンジングオイルの魅力が伝わると嬉しいです。このサイトの情報を元にあなたにぴったりのクレンジングオイルが見つかると幸いです。

 

 

更新履歴